# 黒糖抹茶青汁寒天ジュレは青汁嫌いの方のためのゼリー。ダイエットにも!

 

## 黒糖抹茶青汁寒天ジュレは新感覚の青汁。ダイエット向きの青汁ゼリーです

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、キューピーコーワゴールドやキャベジンなどの医薬品でおなじみのコーワが販売している青汁です。健康にも気を使いながら食べやすさを追求した、新感覚の青汁ゼリーです。

 

入っているのは、食物繊維が豊富なクマイザサ粉末、野菜の発酵エキス、お米由来の乳酸菌、黒糖に抹茶、そして寒天。純粋な青汁ではないのでこだわる方には向きませんが、青汁の手間や独特のクセが苦手でなかなか青汁を続けられなかったり青汁を始めてみたいけれどなかなか勇気が出なかったりという方にはぴったりなゼリーです。

 

ただ野菜不足を解消しよう!というばかりでなく、腸内環境を整えるのに良い栄養素の配合にもこだわって作られています。食物繊維が豊富で、ただ青汁を飲むよりも満腹感が得られやすいのもメリット。ダイエット中の栄養補給やおやつにもリピートされている方が多い青汁です。

 

## 黒糖抹茶青汁寒天ジュレのここが良い!オススメの理由3つ

 

青汁といえば、まずい!というイメージは今や昔。この頃は一大ブームになっているとも言えるほど、種類もバリエーションも増えました。そんなブームの中でこの黒糖抹茶青汁寒天ジュレは2015年発売開始。かなり後発に登場した青汁です。

 

そのおかげで、青汁を飲んでいる方がつまずくポイントを上手にカバーした青汁になっています。「バリバリ青汁を飲んで健康的に過ごしています!」という方より、「青汁…飲みたいんだけどなんだか苦手で…」と尻込みしている方向けの商品でしょう。

 

特におすすめできるポイントは3つ。それぞれ詳しく解説します。

 

### 粉っぽさも青臭さもない、おやつにできる青汁ゼリー

 

青汁が苦手だと感じている方にその理由を聞いてみると、だいたいこんな答えが返ってきます。「あの粉っぽさが苦手で…」「粉を溶かして飲むのが面倒で…」「青臭くて毎日飲んでいるのが辛くて…」各社いろいろな工夫をされていますが、ドリンクタイプの青汁はどこまでいっても青汁っぽい。この難点をカバーできている商品はなかなか見つけられません。

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、その難点をカバーするためにこんな工夫をしています。

 

・手間と粉っぽさをなくすために、思い切って青汁に寒天を加えてゼリーに
・青臭さをなくために、青汁に抹茶や黒糖、野菜の発酵エキスまで配合
・オリゴ糖や乳酸菌も配合して、食べるメリットも増加

 

このおかげで、青汁らしさをなかなか感じないけれど青汁のメリットをしっかり引き出した、手軽で美味しい青汁になっています。

 

### 寒天や黒糖、クマイザサも腸内環境へアタック

 

この黒糖抹茶青汁寒天ジュレに使われているクマイザサは栄養成分の宝庫と言われるほど、様々な栄養素が多い植物です。特に多いのが食物繊維で、レタスの60倍も含まれています。さらに、青汁をゼリーにするために組み合わされた寒天にも水溶性食物繊維が豊富に含まれています。お腹の中で膨れてゲルのようになり、腸内環境を整えるのに役立ちます。

 

その他にもお米由来の乳酸菌であるラクトバチルスカゼイやビフィズス菌の活動を活発にするイソマルトオリゴ糖、カリウムが豊富な黒糖やココナッツシュガーも使われています。カリウムは、体の中から不要な水分や老廃物を排出する手助けをする栄養素です。

 

ただ美味しいだけの青汁ゼリーなのではなく、こうした成分をうまく組み合わせて、腸内環境を整える手助けにも役立つ青汁になっているのもまた、大きなメリットです。

 

### 爽やかでフルーティな味わい。ダイエット中のおやつにピッタリ

 

肝心の味はというと、意外と和菓子っぽさはないようです。抹茶と黒糖が入っているので、つい和菓子っぽいこっくりした味わいを想像してしまいますが、実際に食べてみた方によるとこんな感想が多いです。

 

・野菜ジュースのようなフルーティーさがある
・抹茶の和菓子っぽさにわずかに酸味が加わった感じ
・程よい甘みと酸味ですっきり食べやすい

 

珍しいのは「これはまずかった!」という口コミがほぼ見つからないことです。普通、こういった健康食品には一定数「まずくて食べられない」という口コミが寄せられるものですが、そういう声がないのことは本当に食べやすいゼリーということなのでしょう。実はこの黒糖抹茶青汁寒天ジュレは食の専門家にきちんと味を評価してもらっているゼリーなのです。5人のプロも認めた味だからこそ、健康のためと我慢しなくても美味しく安心して食べることができるようです。

 

甘みもあるゼリーなので、ちょっと口さみしいときのおやつにピッタリ。ダイエット中の栄養補給兼おやつに活用されている方もとても多いようです。

 

## デメリットは、食べ過ぎてしまいがちなこと

 

このジュレの難点は、難なくペロリと食べられるようになっているおかげで、食べ過ぎてしまうことです。「あともう1つ…」と食べているうちにあっという間になくなって、コストパフォーマンスが悪くなることがあるのです。

 

また、子供さんや妊婦さんは避けた方が良いとされています。1つでも食べたらダメ!というわけではありませんが、たくさん食べすぎないようにできるだけ注意しましょう。

 

### 食べすぎると1日のコストがどんどん膨らむ…

 

このジュレはダイエット中のおやつに活用されることが多い青汁です。1日1個、と決めていてもダイエット中ではそれを守るのが難しく、気がついたら1日2?3個食べてしまうことが多いんだとか。すると、定期購入で1日あたり130円で済むコストが、1日390円にまでなってしまい、結果的に財布に響いてくるわけです。

 

できるだけ食べ過ぎを防ぐためには、よく噛んで食べるだけでなく、一緒に水分(できれば炭酸水など)をとるようにするのが良い方法です。いくら美味しいと言っても財布に影響が出てしまっては元も子もありません。挫折の元にもなるので、食べ過ぎに気をつけながら習慣づけていくことが大切でしょう。

 

### このジュレは子供や妊婦さん、授乳中のお母さんはNG!

 

デメリットではありませんが、この黒糖抹茶青汁寒天ジュレを試すにあたって注意した方が良いことがあります。それは、この青汁は子供さんや授乳中のお母さん、妊婦さんは避けた方が良い、ということです。

 

このジュレで1番多く使われている成分は、難消化性デキストリンという食物繊維です。これは食べると小腸まで一切消化されずに運ばれていきます。おかげで血糖値が上がりにくくなり脂肪がつきにくい状態がキープできるのがメリットですが、消化や代謝が活発な子供にとっては、お腹がゆるくなる原因になることがあるのです。妊婦さんや授乳中のお母さんも理由は同じです。赤ちゃんへ何か影響があってはいけないので、できるだけ避けるようにと考えられています。

 

もちろん、一切食べてはダメ、なわけではありません。たくさん食べすぎることで何かあってはいけないので…という考えなので神経質になりすぎる必要はないです。念のため、頭の片隅で覚えておくと良いと思います。

 

## 青汁的にはどう!?黒糖抹茶青汁寒天ジュレの原材料を勝手に分析

 

ちなみに、黒糖抹茶青汁寒天ジュレの中にはこんなものが入っています。

 

難消化性デキストリン・黒糖・ココナッツの花蜜・クマイザサ粉末・イソマルトオリゴ糖粉あめ・寒天・殺菌植物性乳酸菌末・抹茶・植物発酵エキス/ゲル化剤(増粘多糖類)・pH調整剤・ヒアルロン酸・香料・乳化剤・グレープフルーツ種子抽出物

 

難消化性デキストリンが食物繊維で、黒糖、ココナッツシュガー、クマイザサと続きます。ゼリーにするため寒天だけでなくゲル化剤が入っている上に乳化剤も入っているので、脂肪分が少し気になるところですが…。量としてはわずかなので、そこまで気にする必要はないでしょう。

 

それ以外は、必要な成分だけで構成されていて、比較的シンプルで安心できる構成になっていると思います。

 

## 黒糖抹茶青汁寒天ジュレを食べた方の口コミまとめ

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレはまだ発売されて日が浅いですが、ブログや比較サイトで多数取り上げられて、口コミも充実しています。実際に食べた方の口コミをまとめました。

 

### 味はどう?食べやすい?

 

抹茶というより柑橘系や紅茶の香りで味は黒糖と抹茶の間にレモンが感じられます。固めのところてんのような食感で美味しく食べられました。

 

33歳男性

 

----

 

食べていて、青汁だとわからないほど青汁っぽさを感じないゼリーです。匂いも臭くないし、青汁と言われるまで気づきません。フルーティーでとてもおいしいので、小腹が減った時のために常備しておきたいほどです。

 

26歳女性

 

----

 

本当に美味しいので、食べ過ぎてしまいそう。しっかりしたゼリーなので、子供や高齢の方が食べる時は注意しないといけないと思います。しばらく噛んでいると少しずつ苦味を感じる気がします。

 

31歳女性
----

 

味はとにかくおいしい!青汁だと思えない!という声ばかりでした。抹茶と黒糖の和風っぽさはあまり感じられず、食べてみるとフルーティーで紅茶っぽいという感想の方が多かったです。この味ならばおやつや朝食用に常備しておくと嬉しくなれそうだという口コミもとても目立ちました。

 

### 費用対効果は高い?

 

価格は正直安くないですが、水に溶かして飲む必要もないし食べ応えもあっておいしいし外でも食べられるし、価格なりのメリットはあると感じています。糖分がどうかは気になりますが、そこまで気にしなくて良いようなので、このまま続けるつもりです。

 

41歳男性

 

----

 

手間がかからないし美味しいし、毎日食べても苦にならなくてついに定期購入をはじめました。はじめてならテレビやチラシから購入するよりも公式サイトから購入する方が1包あたりの価格が安くなるので、おすすめです。

 

45歳男性

 

----

 

定期購入で1包あたり130円。1日1包なら安く感じますが、食べすぎると一気にコストが膨れ上がります。そう考えるとコストパフォーマンスが良いのかどうか、よくわからなくなります。

 

32歳女性

 

----

 

この黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、定価で4,320円とそこまで安くはありません。初回は半額で定期購入なら10%割引にはなりますが、割高感を感じている方は少なくないようです。それでも続けられている方は、手軽さや美味しさにメリットを感じて納得できている方。ダイエット目的や家族の健康のためなど青汁を続ける目的がはっきりしている方ほど納得度は高いようです。

 

### 他と比較してどう?

 

ゼリー状の青汁というのは初体験でした。置き換えたりするまでもなく、小腹が減った時に食べているだけでお腹周りなどで寒天パワーを感じることもでき、新鮮な面白さを感じました。

 

25歳女性

 

----

 

青汁っぽい青汁を求めているなら、このゼリーは勧められない。ただ、時間がない時に外で朝食として食べたりおやつの代わりにゼリーをかじるのはなかなか良かった。こういう健康食品として食べていこうかと思う。

 

51歳男性

 

----

 

コーワが作っている青汁ということで、生産工程や品質、安全性などに不安を持たなくて良いというのはメリットです。まだ種類は少ないですが、ゼリー式の青汁の中では今のところ1番良いんじゃないかと思っています。

 

33歳女性

 

----

 

コーワが作っているという安心感、フルーティーでまた食べたくなる美味しさ、外でも手軽に食べられる、などのメリットがこの青汁ならではのメリットです。価格がネックになることは多いですが、これなら納得できるという方も多いのは事実です。青汁をとりたい目的や自分のライフスタイルに合っているかどうかで評価は大きく分かれるようにも感じられます。

 

## お得に購入する方法

 

この黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、楽天やアマゾンでも購入することは可能です。これはコーワが販売しているわけではなく、各小売店が販売している形式です。残念ながら割引や特典などのサービスを受けることはできません。

 

1番安く購入するなら、公式サイトからの購入が確実です。

 

3回購入の約束が必要な定期購入に申し込むと、初回は50%OFFの2,160円で購入できます。2回目以降も10%OFF?15%OFFまで回数を重ねるほどに割引率が高くなっていくようになっています。もちろん送料無料。何かあった時にサポートも受けられるし、製造元なので鮮度なども信頼できるでしょう。

 

時々テレビショッピングや折り込みチラシなどで10包入りで980円で購入できるなどお試し価格の販売が案内されていることもあるようです。公式サイトの価格は30包入りで2,160円なので、1包あたりの価格で考えると初回の価格はネットからの方が安いです。どちらか迷ったらネットを選ぶようにしましょう。

 

## まとめ

 

とにかく青汁っぽくなくて美味しく食べやすいゼリーであるコーワの黒糖抹茶青汁寒天ジュレ。少し迷ってしまう価格ではあるものの、その味と手間の少なさは他にはないメリットだと感じられる方が多いようです。

 

こんな方なら、より高く納得した上で続けていけるでしょう。

 

・青汁ってどうにも苦手。挫折した経験がある
・面倒くさがりなので、できるだけ手軽に青汁を続けたい!方
・ダイエット中に食べられるおやつを探している方
・青汁飲むなら、便秘対策もできたらな…と考えられている方
・今すでに青汁を飲んでいて、より手軽なものを探している方

 

あまりに青汁らしくないので、「青汁を飲んでいる!」感じはほぼ感じられません。人によってはメインの青汁とは考えられないということもあるようです。飲みそびれた時のキープ用や、おやつ用、非常用など、補助的に活用されている方もいます。

 

本当にただのゼリーのような青汁なので、自分に合う活用方法が見つかればばっちりハマるゼリーだと思います。この手軽さにピンと来た方はぜひ気軽に試してみてくださいね。